木材強度数値表


一般名 原産地 比重 曲げ強さ
kg/cm2
圧縮強さ
kg/cm2
節の有無 耐朽性 価格
ウリン インドネシア 黄褐色 0.96 1886 911 無し 極大
イペ ブラジル 黄緑褐色 1.05 1950 905 無し 極大
イペグランデ(クマル) 南米 黄褐色 1.08 1990 1050 無し 極大
アマゾンジャラ 南米 赤褐色 1.05 1550 936 無し 極大
セランガンバツ マレーシア 黄褐色 0.96 1333 701 無し 極大
イタウバ 南米 黄褐色 0.85 1240 620 無し 極大
レッドウッド アフリカ 赤褐色 0.33 770 300 有り
ウエスタンレッドシダー 北米 赤褐色 0.32 550 310 有り 中〜大
日本 淡黄白色 0.3 660 340 有り
合成木材 日本 茶系   450-550 480-580 無し 腐朽無し






木材の特性






・ウリン〔Ulin〕

 アイアンウッド(鉄の木)とも呼ばれ、1996年7月に輸入が解禁になり、抜群の耐久性・耐水性を誇り、公共事業にも多用されています。また、ウリンにはポリフェノールが含まれており、強い抗菌作用があり、腐食や害虫を防ぐ作用があります。しかし、そのポリフェノールが雨により溶け出し、コンクリート等に付着する性質があります。2、3ヶ月程で出なくなると言われていますが、中性洗剤で綺麗に洗い流すことができます。



・イペ〔Ipe〕

 ウリンと同様に、公共事業に多用され、耐久性・耐水性に優れており、ラパコールという成分が含まれており、防虫・防蟻の効果をもたらします。近年、在庫状況が減少しており、価格が値上り傾向にあります。

・イペグランデ〔Ipegrande〕

 近年、イペの価格が急高騰し供給が不安定となっている状況で、見た目(色・木目)、耐久性、強度がイペに大変類似していますので、イペの代用として注目されています。また、ハードウッドに見られる灰汁が少ないのも特徴です。



・アマゾンジャラ
 〔マニルカラ(Manilkara)〕

 他のハードウッドと比較して、赤褐色なのが特徴です。以前からあるジャラよりも強度は優れています。また、ウリンのように、灰汁(アク)はほとんどありませんが、木粉が雨水などにより、コンクリート等に付着する性質があります。



・セランガンバツ
〔Selangan batu〕


 この木材は、耐久性が高くヨーロッパや中国へ大量に輸入されています。ハードウッドの中では、比較的、加工が容易なのが特徴です。この樹種には、木材が伐採される前に小さな虫が入り込んだピンホール(小さな穴)がありますが、耐久性には問題はありません。



・イタウバ〔Itauba〕

 ウリンと同じクスノキ科で、現地では水中でも20年以上の耐久性がある材として知られ、デッキに限らず、プールサイドや橋脚など幅広く使用されています。近年、ウリン・イペ・ジャラの在庫不足による価格に上昇傾向がみられ、その代替材料として2006年の9月より取り扱うことになりました。色目はウリンとよく似ており、耐久性・強度も優れています。また、価格がハードウッドの中では最も安価なのが特徴です。



・レッドウッド〔Red wood

 この木は、針葉樹の中では最も耐久性があり、樹高約100mにもなる世界最高の木(セコイア)になることで有名です。その名のとおり、赤味があるのが特徴です。ウッドデッキには不向きで、パーゴラやベンチなどに使用されます。また、変色があり、セメント等のアルカリ成分と反応して黒く変色する性質があります。



・ウエスタンレッドシダー
 〔Western red cedar〕


 日本名は米杉と呼ばれますが、科目はヒノキ科に分類され、ヒノキ特有の木の香りがして、柔らかく肌触りが良いのが特徴です。耐久性・強度はハードウッドより劣りますが、価格が安価で民間工事で主に使用されています。






戻る

.